2008年07月02日

女性の食生活は心血管死、あらゆる原因による死亡に関連

野菜、果物、豆類、全粒穀物、魚、鶏肉に富む食事を取る女性では、心血管疾患による死亡およびあらゆる原因による死亡のリスクが減少する可能性があるというプロスペクティブ(前向き)研究の結果が、『Circulation』オンライン速報版に6月23日付けで掲載された。それと対照的に、赤身の肉、加工肉、精製穀物、フライドポテト、菓子が多い伝統的な「欧米型」の食事を取る女性では、リスクが増加する可能性がある。

「実際の摂食行動を反映する全般的な食生活が心血管疾患や他の慢性疾患による死亡に及ぼす影響はほとんど不明である」と、ハーバード大学公衆衛生学部(マサチューセッツ州ボストン)のChristin Heidemann, DrPH, MScおよび共同研究者らは記している。「今回の研究の目的は、女性を対象とした大規模コホート研究において、因子分析によって得られた主な食習慣がCVD[心血管疾患]、癌、あらゆる原因による死亡のリスクに及ぼす影響を評価することにあった」。

研究者らは、ベースライン時に心筋梗塞、狭心症、冠動脈手術、脳卒中、糖尿病、癌のなかった女性72,113例を対象として、食習慣と、心血管疾患、癌、あらゆる原因による死亡のリスクの関連を検討した。1984年から2002年の追跡期間中、妥当性の確認された食物摂取頻度質問票調査を2年から4年毎に実施し、その因子分析によって食習慣を得た。

主な食習慣は次の2つであった。野菜、果物、豆類、魚、鶏肉、全粒穀物が多い「慎重型」、赤身の肉、加工肉、精製穀物、フライドポテト、菓子・デザートが多い「欧米型」。

18年間の追跡期間中に死亡した6011例中、1154例は心血管疾患による死亡、3139例は癌による死亡であった。多変量補正後、慎重型食事スコア上位20%では、下位20%と比較して、心血管死のリスクは28%低く(95%信頼区間[CI]、13%-40%)、あらゆる原因による死亡のリスクは17%低かった(95%CI、10%-24%)。

しかし、欧米型食生活は、心血管疾患による死亡のリスク(22%;95%CI、1%-48%)、癌による死亡のリスク(16%;95%CI、3%-30%)、あらゆる原因による死亡のリスク(21%;95%CI、12%-32%)の増加に関連していた。

この研究の問題点として、死亡率に最大の効果を生じる可能性のある至適食事を検討することができなかった点、因子分析に固有の問題、交絡因子が残存していた可能性、観察研究であった点、対象集団が均質であった点が挙げられる。

「慎重型の食事を取ることによって、心血管死および全死亡のリスクが減少する可能性があるのに対して、欧米型の食事を取ることによって、健康な女性の死亡リスクが増加する可能性がある」と、研究の著者らは記している。「これらのデータは、野菜、果物、豆類、全粒穀物などの植物性食品の高摂取、魚、鶏肉の高摂取、赤身の肉、加工肉、精製穀物、フライドポテト、菓子の低摂取をはじめとする健康な食生活の取り入れを助長する医療従事者および公衆衛生の取り組みの重要性を強調している」。
健康 歯周病
ラベル:食生活
posted by 8020 at 13:42| Comment(3) | 医科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は、
初めてコメントします。

私も、
「歯周病」のブログを書いています。

今日、
初めて訪問しましたが
とても参考になりました。
また、
訪問します!
Posted by 歯奇麗オヤジ at 2008年07月02日 18:17
こんにちは!気になったのでコメント残させて頂きました^^
Posted by 美咲 at 2008年07月05日 15:14

尺八してもらったけどありゃたまんねーな!!
ジュパジュパ凄い音させながら吸いつかれて、30秒で発射しちまった(笑)
しかもオレ、女にお任せして寝てただけなのに5マソも貰った件wwww
http://6v89bzu.jp.takaoka.mobi/
Posted by 吸引力の変わらないただひとつの… at 2011年08月01日 06:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。