2010年01月19日

新型インフルエンザ:高齢者、18日からワクチン接種 県、65歳以上対象に /山口県

山口県は14日、新型インフルエンザのワクチン接種について、基礎疾患のない65歳以上の高齢者を対象に18日から始めると発表した。一日にワクチンを接種できる数に限りがあるとして、掛かり付け医への事前予約を呼び掛けている。一方、県内のインフルエンザの流行は落ち着きを見せており、山口県は発生警報を解除した。
 山口県によると、先月28日から今月3日の定点医療機関(71)当たりのインフルエンザ患者報告数は7・25人。発生警報を継続する基準(10人以上)を下回った。保健所別では、岩国、柳井、長門でやや高くなっている。
ラベル:山口県
posted by 8020 at 08:29| 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

山口・電遊館

 写真で心身を元気にするフォトセラピーによる写真展「ナースコールが押せればシャッターが押せる」(日本写真療法家協会主催)が、山口市中央の電遊館で開かれている。17日まで。入場無料。

 展示されているのは、大阪府寝屋川市の小松病院緩和ケア病棟で、患者やスタッフが撮影した写真約40点。化粧をする女性患者や、院内行事でのスタッフの笑顔、入院中の夫と見舞いに来た妻のつないだ手を写したものなどで、来場者は一枚一枚に見入っていた。
ラベル:山口
posted by 8020 at 08:41| 医療全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[新型インフル] 輸入ワクチンの希望量等を調査開始  厚労省

厚生労働省は1月12日に、輸入ワクチンの希望調査について事務連絡を行った。新型インフルエンザ(A/H1N1)の輸入ワクチンについては、現在、薬事、食品衛生審議会で特例承認について審議中であり、特例承認された場合、実施要領を改訂のうえ、健康成人への接種を開始するとともに、2月上旬頃より順 次、供給していく見込みである。輸入ワクチンの供給量及び供給先については、受託医療機関の要望に応じて対応することを予定しているため、事務連絡では、 管内の受託医療機関について希望量等の調査を依頼している。
posted by 8020 at 08:40| 医療全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

障害者と歯科医、橋渡し 地域での治療定着へ4月スタート 三重・みえ歯ートネット

障害者が地域で安心して歯科治療が受けられるようにするため、障害者歯科治療を専門に行っている障害者歯科センター(津市桜橋)と一般開業医の連携を図るネットワーク「みえ歯(ハ)ートネット」が、4月1日にスタートする。2月11日に県歯科医師会と県、障害者支援団体の代表で運営協議会を設立し、ネットワークの運営や事業方針などを決める。
県歯科医師会は1989年に同センターを設置し、障害者の治療を専門に行っている。しかし、診療日が年間90日と限られている上、遠隔地からの受診者は不便な状態。患者数も増え、08年度の患者数は当初の約4倍の380人となった。今後も増加が予想されるため対応が困難になりつつあり、同ネットを設けることにした。
ネットワークには県内115歯科医院が協力医院として登録。対応できる患者の治療をするほか、受診者の治療後の管理や定期検診を行う。運営協議会設立後は、ホームページで協力医院を紹介。研修会も開き、歯科医の知識向上を図る。
県自閉症協会の中野喜美会長は「うまく治療が受けられない障害者がいる家族にとって、歯科医院は入りづらかった。ネットワークは夢のような素晴らしい話だ」と話している。
ラベル:
posted by 8020 at 08:28| 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

歯磨き行動の脳への作用を研究

現在、むし歯や歯周病などのさまざまな口のトラブルに関する研究や美しい歯に関する研究などを通し、口内の健康価値の提案に取り組んできた。
このほど、歯磨き行動が脳を活性化し、気分をリフレッシュする効果を持つ可能性を見い出した。
具体的な研究内容としては、計算作業による疲労付与後に歯磨き行動をしたときの脳への作用を客観的に評価するため、脳と心理の状態を同時に測定する“統合生理研究手法”を用いて検討。脳の活性化は、脳の疲労度や注意力に関係する指標などを用いて評価し、脳の疲労度はフリッカーテストを、注意力は脳波の測定で実施したという。また心理状態は、自己評価を数値化するVAS法 により評価している。
その結果、疲労後に歯磨きをすると、しない場合と比べ、脳の疲労は有意に低減。また注意力も高まる傾向が認められたという。これより、歯磨き行動により脳が活性化したことが推測されたのだ。さらに心理状態についても、疲労後に歯磨きをすると、リフレッシュ感が有意に高まり、集中力やすっきり感も上昇する傾向が認められたという。歯磨き行動には、仕事や勉強などで疲れた時に脳を活性化する効果があるとも考えられるのだ。
ラベル:歯,歯ブラシ
posted by 8020 at 14:17| 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。